FIFAワールドカップ初出場20周年を記念する日本代表メモリアルユニフォーム

47

この前、アディダスがFIFAワールドカップ初出場決定20周年の日本代表「炎」メモリアルユニフォームを発表しました。これは20年前の1997年で初めてサッカー界でワールドカップを進出した決勝戦を記念するためデザインした現代「炎」モデルユニフォーム。斬新なメモリアルユニフォームは「97タイプ」「炎」ユニフォームの経典を再現して設計します。
1997年11月16日には日本のサッカー市場において、最も重要な意味を持っている日だと言えます。日本は、1998年のフランスFIFAワールドカップアジア地区予選プレーオフでゴールデンを通じて最終3−2で下し、イラン、初めてw杯本選へ進出しました。当時の日本サッカー選手が背中に「炎」をつけた経典なユニフォームを着ていました。今回のメモリアルユニフォームが前作より5%を短縮しました。ユニフォームの裏面には広く通気性高い素材を採用して、それに「adizero」を利用して、全体が更に軽く快適です。
その時には、日本全国のサッカーファンが歓喜したマレーシア・ジョホールバル最終予選で、日本代表が着用していたサッカーユニフォームをアディダスが現代的にリデザインします。袖にあしらった当時を思い出す象徴的な炎のデザインは、日本代表の情熱と世界の舞台で躍動する姿を十分に表しています。日本国民なら、2018ロシアFIFAワールドカップのため、ぜひこのメモリアルユニフォームを見逃しないでください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です