サッカーユニフォーム最新生地素材について

石油化学業界の発展とともに、

異なる場合の特徴を提供できるように、シーンによって

使用特性のポリエステル大量の応用機能性運動装備の中で

、過去の绵制のユニフォームポリエステル繊维

代替され、過去、吸水放熱ため、故意に、

汗の寛大のユニフォームが今だんだん注意し、

快适で、アップできるサービスは試合の成績だ。

ユニフォームの基盤の要素が、化学工業による素材技術を高める。

アディダスを代表とする技術は生地の多角化に

向かって生地繊维と提花の応用を重視し、

その差は1サッカー品目の世界初のブランド、

より多様な素材の開発費用の分担できると製造費用、

背番号のでバイヤーを多く選択できる。

2生地織物構造を重視する空間で、保有しても良い吸水の特性と共に

、得より多元の感触。背番号3デザインで多様な

素材のコーディネートオプション、

ユニフォームをデザインしやすいまことにだるまと。

ナイキに代表の軽量化技術は生地に向かって、

軽量化は主には3つのメリットがあり、1は、さらに有利吸水

と放熱2は生地の弾力が肌に密着の感触にあわせ、

3は繊维レベルでできる技術を単純化し、

同時に原料の材料が、コスト削減を統制した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です